トマトソースホリック(中毒)のひみつのトマトパスタ

こないだパエリアを作った時に少しだけ使った水煮トマト缶が
4/5缶くらいあまっていて、そろそろ(鮮度が)やばい。
でも、おでんフェス中なので、
ランチは、、、そうだ、トマトソースにしよう。(京都に行こう、の調子で)

こういうすごくシンプルなパスタを作ると
夫が、なにやらしっとりと悲しそうな顔(笑)をするので
だいたいわたしひとりの時に、作ってわしわし食べます。
だから、ひみつ(特に言わないだけだけ、笑)

小鍋ですこし温めたオリーブオイルにトマト缶を入れ
塩と乾燥バジルを入れて適当に煮詰めるだけという
簡単すぎる手順ですが、味は本格的(←ひとりなので自分で言うしかないシステム)
オリーブオイルの香りとバジルの香りがたまりません。

実はわたし、このシンプルなトマトソースパスタを食べると、
脳がなにやらすーっとして、気持ちよくなるんですよね。
食後はもう、うっとりとしばし放心状態。
しばらく食べないと、無性に食べたくなります。中毒みたい。
(今、ググったら、トマトは脳を活性化し、脳細胞を守るそうです。
わたしは、脳で何かを感じていたんでしょうか!?)

トマトの酸味が飛ばないように短時間で仕上げます。塩は酸味に負けないよう強めがおいしい

パルミジャーノはお好みで。なくてもいいです。なぜか幅広麺(フィットチーネ)なのは、2人分にするは少ない残り物があったので。

満足です。

あ、今思いつきましたが、この記事今週のお題「得意料理」になりますね。
「得意料理」というわりには、だいぶアレな感じですが、
トマト中毒の方、脳を使う方、一人分1缶400gまるっと使って贅沢にどうぞ。