自家製豆乳ヨーグルト

今週のお題今年買ってよかったもの

今年暇ができて、まずはまったのは、発酵食品。

毎朝、朝食に自家製豆乳ヨーグルトと自家製の天然酵母パンを食べています。ヨーグルトは、はじめ牛乳で作りはじめたのですが、思いついて豆乳で作ったら、大成功。それ以来ずっと豆乳で作り続けています。最初タネにするヨーグルトは市販の牛乳のヨーグルトでOK。作り方も牛乳のヨーグルトとまったく同じで、約40℃ を8~10時間保つだけです。女性にはうれしい大豆イソフラボンも取れるし、お腹も快調に。

気をつけるポイントは、豆乳の濃さくらい。豆に人工的に水を加えて作る豆乳は、製品によって濃さがぜんぜん違うので、薄いものだとしゃばしゃばに(経験済み)。クリーミーなヨーグルトにしたければ、豆乳も濃いものを選ぶと良いです。うちで愛用しているのは、スジャータの無調整有機豆乳。濃くて、飲んでも、シチューにしても、豆乳鍋にしてもすごく美味しいです。(コレ↓)豆腐も作れるらしい。詳細リンク貼りましたが、ふつうにスーパーで買えると思います。

by カエレバ

そのほかにも、ぬかづけ、ヨーグルト、天然酵母パン、納豆、塩・醤油麹、ザワークラウト、ピクルス(酢漬けではなく、発酵させる本式の)、キムチ、塩レモンなど、(暇に任せて、笑)いろいろと手作りするようになりました。(真冬には、寒仕込みで味噌を作ろうと計画中)

発酵というのは、菌が元気に活動する結果のものなので、人間にできることはごくわずか。菌が居心地の良い環境と、良いえさを準備くらいしかすることがありません。あとは、待つだけ。菌が元気に活動すると、膨らんできたり、ぷくぷく泡が出たり、香りや味が変わったり。まさに生き物です。理科の観察みたいですごく楽しい。しかも、安くて美味しくて、体に良い。良いことづくめすぎます。オーガニックなどの良い材料を使っても、売っている製品よりずっと安く仕上がるところも嬉しい。

はじめのうちは、オーブンレンジに付属の発酵機能を使ってヨーグルトを作っていたのですが、うちのレンジの発酵機能は最大90分。タイマーが切れるたびに手動で再セットしないといけないのです。さすがに面倒臭すぎるし、ずっと家にいる時でないと作れません。

何ヶ月か悩んだ挙句に買ったのが、アイリスオーヤマのヨーグルトメーカープレミアム
単純なものなので、軽くて小さいところもよいです。意外とよかったのが牛乳パックをそのまま使える点。 そんなの必要ない、と思っていたけど、使ってみたら手軽すぎてもう二度とタッパーには後戻りできない。熱湯消毒、やはり面倒です。 牛乳パックは500mlでも、1Lでも使えて、専用の容器もついてきます。 うちは納豆が大好きなのですが、これを買ってから納豆も自家製に。流行りの低温調理もできるので、硬くなりやすい鶏胸肉をやわらかくしあげるなんていうのも簡単でした。時間の設定などすこしコツが必要かもですが、すごく使えます。 あと甘酒も作れるんですよ。まだ作ったことないんですけど、そのうち挑戦したい。

これだけ使えて2500円!後悔は、なんでもっと早く買わなかったのかってこと。ほんとに。

by カエレバ

実はまだあるんですよねえ、第2弾に続きます。