ゆず遊び

ふと、塩レモンをゆずでできないかな、と思いついて、無農薬のゆずを1キロ買いこみ、
塩ゆずと、白菜漬けと、ゆずシロップ、種でゆず化粧水の「もと」を仕込みました。
並べると、きいろい!
なんだか楽しくなりますねえ。色効果?
できあがりも楽しみだけど。

うちの塩レモンは、アラン・デュカスの本を見て作り始めたので
もとのレシピほどじゃないけど、砂糖をけっこうたっぷり入れます。(オリジナルはレモン・コンフィ/15p)
塩だけのも作ったことがありますが、砂糖もいれたほうがとろっとして、
よりまろやかになっておいしいような気がします。

ゆずと同量の氷砂糖を漬け込むだけのゆずシロップは枝元なほみさんのこちらのレシピで

大きなゆずをまるまる1個使って、流行りのレモン鍋ならぬゆず鍋にしました。
夏に塩漬けしておいた青唐辛子をみじん切りにして、
擦りたてのゆず皮をまぜただけの即席柚子胡椒
(↑これ適当だけどゆずが新鮮で美味しい!青唐辛子は酢漬けも作ったけど、塩漬けが断然使えます)
と、煮切った酒とみりんにしょうゆとゆずの果汁をまぜたぽん酢も添えて。

ビジュアルのインパクトは大なんだけど(インスタ映えしそう)、
ゆずの香りは熱ですぐに飛んでしまうし、食べている間に皮から汁に苦味がでてくるし、
さっぱりして悪くはないっちゃないけど…。

夫とふたり、すっぱ苦いうどんをすすりながら、ちょっとしんみり。

◾️ アラン・デュカスのナチュールレシピ-改装版
(Amazonのリンクが開きます)
リンクが間違って(古かった)いたので、貼り直しました。
古い本ですが、ずっと気に入っているレシピ本のひとつです。
何度か図書館で借りたあと、今はKindle版を使ってます。
手に入らない材料は、デュカスの“ナチュールレシピ”の精神に則って、
気兼ねなくなかったことにしたり冷蔵庫に入っているもので代用しますが、ちゃんとおいしい。

レシピ本って大きいし、よく使うものに限って、
しみだらけのぼろぼろのべたべたになっちゃうんで、
気に入ったものは、だいたい電子本で買ってます。安いし。
しかも、iPhoneで出先で読めるので、(いまは無職だけど)
会社の帰りに、「きょうはなんにしようかなあ(悩)」と、ぺらぺら読めて便利です(でした、笑)。 Kindle Unlimited↓でタダで読めます。

◼️[PR]Kindle Unlimitedで雑誌も読み放題です。1ヶ月無料。