そろそろ仕事をはじめようと思います


草むらのなかで、ちいさな木の実がひとつだけきらきらと透き通って光っていました。

そろそろ、自分と約束していた1年間のおやすみが終わりに近づきつつあります。
いままで、1年経ったら結論が出るかなあと思いながら、
次の仕事について考えてきました。

ご存知のように、わたしは50over。
40代のころは、レジュメもアップデートしていないのに
時折スカウトのお話があり、ちょっとなめてました。
50overすることの現実について。

一応、大人の事情のため、
めぼしい会社にぽつりぽつりと応募していたのですが、
書類が通らない、という現実。
形だけの応募で、受かっても行く気はなかったんだけど、
それにしても物事というのは、こうも変わるのだなあと感心してしまいました。

ちょっと昔の日本では、50過ぎると社内でメインから外れる
という風習があったそうなので、わたしが世間知らずなだけで
そういうものなのかもしれません。

まあ、以前していたまったく同じ仕事をやる気はなかったので。
だって、それじゃあ、前の会社にいればよかったじゃない?という話になるわけで。

理想を言えば、抽象的だけど
小さな自分に空気をぱんぱんにいれて
大きくしなければいけない仕事ではなくて、

小さな自分を小さなまま
自分のぺースで丁寧に磨いていけるような仕事。 

自分にできることを、こつこつと仕事というかたちにしていければいいなと思っています。
それから、ずっとできるだけ長く仕事がしたい、という願いに沿った仕事を選びたいと思います。

本当は、次の仕事をある程度かたちにしてから、やめたほうがよいんですけどね。
わたしは、目の前の仕事をしながら、次の準備ができるほど器用ではないし、
それに、チャンスがたまたまなければ、一生やめられなかっただろうな、とも思うので、まあいっか。

12月のボーナスが出て、今まさに仕事をやめる方や、仕事をやめたい方がたくさんいらっしゃると思います。
応援したい自分と、慎重に、と心配する自分がいます。
どんな道を選ぶとしても、みなさまに、幸運がありますように。

そして、その道が幸福につながっていますように。