罪滅ぼしの雑穀スープ

お正月はいつものことですが、だいぶ食べすぎ、飲みすぎました。からの七草がゆならぬ罪滅ぼしの雑穀スープ。

あり合わせの雑穀と旬の野菜と水と塩(お醤油やお味噌でも)をことこと煮込むだけ。ダシを入れなくても、雑穀って、けっこうそれぞれ深い味が出るのです。もちろん野菜からも味が出るので、入れる材料によって違う味になるコンソメいらずの適当スープ。

食欲がない時も、胃腸に優しくて滋養たっぷりです。これだけで食事になります。卵をいれるとおじや風にも。

白菜の表の固いところや、大根のしっぽなどなんでも入れます。すっぱくなったぬか漬けなんかも入る時あり。雑穀は今回は大麦、アマランサス、ワイルドライス、キヌア。早く煮えるレンズ豆も入っています。

じつは、一時スーパーフードブームにうっかり乗ってしまったため、うちにはその手のエキゾティックな雑穀がたくさんあるのですが、高かったのにいまいち使い道が…。ということで、二重に罪滅ぼしのスープなのでした。

今年は反省して、地産地消を心がけることにします。