チョコ不要なのにしっとり濃厚ガトーショコラを焼きました

しっとり濃厚

結婚してからバレンタインに家にいるのは、初めてじゃないだろうか。ということで、昨日の夕方、急遽思い立ってガトーショコラを焼いてみました。

元にしたレシピはこちら。チョコレート不要で家にあるものだけで簡単に作れるのがポイント高いです。ちょっと面倒なのは、メレンゲの泡だてくらい。スティックブレンダーでガーッとやります。

植物油をバターに変え、ラム酒を大さじ2~3杯加え、焼く前にトッピングとして蜜漬けのレモン↓をのせました。簡単なのにしっとりしててすごく美味しかったです。次回はココアを増やして薄力粉を減らしてさらに濃厚にしてみよう。むふふ。

蜜漬けレモンとは

うちの柑橘4兄弟:左からレモンの蜜漬け、塩レモン、ゆずの蜜漬け、塩ゆず。どれも美味しい

蜜漬けレモンは、ゆずシロップと同じ作り方ですが、レモンは、氷砂糖の量を少なめに調整した方が良いみたいです。レモンは、生のままで長く保存できないので塩レモンと2種類作って愛用しています。蜜漬けレモンはお湯やソーダで割ってレモネードやレモンソーダに、お酒を入れても美味しい。市販の瓶入りレモン果汁よりも断然美味です。今は国産レモンの旬。仕込むべし!

冷え性さんにココアのすすめ

冷え性の女性(わたしも)には、ココアは強い味方。冬の朝体が動かないときや、外に出なくてはいけないけれど出たくない、と言うとき、 ココアを作って飲むと体がぽかぽかと温まります。調整ココアだとお砂糖を取りすぎるので、純ココアで。わたしはクラシックな大缶(1キロ)入りのバンホーテンを愛用。小鍋で作ると洗い物も増えて面倒だけど、ココアとお砂糖をカップに入れ少量の水でペースト状に軽く溶いてから、牛乳をいれ混ぜてチンすれば簡単、洗い物なし。豆乳でも。お湯と牛(豆)乳が半々だとさっぱり風味です。さらにお砂糖をいれないのもカフェ・オ・レ感覚で美味しい(じつは一番飲むのはコレ)。

お菓子はふだんあまり食べないのですが、パンを焼くようになってから、たいして手間もかからないし、買うよりずっと安いのがわかってきました。このガトーショコラも、数百円でできちゃうんじゃないだろうか。

すごくしっと〜りで美味しかったけど、ラム酒のかおりは焼くとけっこう飛んじゃいますね。お菓子作りをされる方には当たり前のことかもしれないけど。焼いてから染み込ませる方がよいのかな? 今度はそうしてみます(←呑兵衛)。

ガトーショコラは、スティックブレンダーでゆるめに泡だてた生クリームをかけて食後にいただきました。

◼️純ココア(オランダ産有名ブランド使用) / 500g TOMIZ/cuoca(富澤商店) ココアパウダー ピュアココア

ココアは少量だと割高。長持ちするのでまとめ買いがおススメです。もつものはまとめ買いすることも、節約法のひとつ。

◼️ブラウン マルチクイック ハンドブレンダー 【1台4役 : 「つぶす」「混ぜる」「きざむ」「泡立てる」】 MQ535

台所にごちゃごちゃものを置きたくないので、一台でいろいろ使えるマルチなスティックブレンダーはとても助かります。フムス作りや、ジュース作り、ポタージュやスープ、パスタソースにも。少量ならひき肉もいけちゃう。

今週のお題「バレンタインデー」翌日だけど